犯人の心を現場で読む 心理鑑定の安木博臣さん 科捜研のリアル❺ (3ページ目)

 ◆野球やフットサルチームがある!

 科学捜査研究所(科捜研)と言えば、化学や物理など理系のイメージが強い。安木さんの所属する文書心理科は珍しい文系だ。文学部出身の記者が「あなたの特命取材班」通信員からの質問をぶつけてみた。

 -理系の人ばかりではないんですね?

 「私は大学で心理学(生理心理学)を学びました。ポリグラフを使って研究していたので、実際の鑑定業務にすぐに順応できました」

 -科捜研で25年以上のキャリアがある安木さん。ズバリ、職場の皆さんは仲が良いの?

 「(笑)。仲は良いと思いますよ。専門性の高い鑑定業務のため、警察官と違って人事異動や担当替えは基本的にありません。同じメンバーで長年一緒に仕事をするので、その分、仲が深まると感じています。実際に、福岡県警科捜研内には野球やフットサルのチームもあります。私は野球チームに所属しています」

 -休みの日は、どんなことで息抜きしているの?

 「スポーツは好きですね。野球をしたり、ジョギングをしたり。フルマラソンの大会に出ることもありますよ」

 

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR