四季の風景写真ずらり 久留米市の池上さん、福岡市で初個展

西日本新聞 ふくおか都市圏版 黒田 加那

 久留米市のアマチュアカメラマン池上雄司さん(65)が初めての個展「情景『こころの四季』」を福岡市のアクロス福岡2階メッセージホワイエで開いている。15日まで。

 池上さんは職場の同僚に誘われたのがきっかけで、約40年前に撮影を始めた。主に風景写真で、さまざまなコンテストで入賞している。長年続けた仕事をもうすぐ退職することから、記念に個展を企画した。

 フィルムカメラやデジタルカメラで撮影した作品約30点を展示。作品「暮色」は、佐賀県玄海町の棚田が夕暮れから夜に移りゆく様を捉えた。九州各地の滝や渓谷などの写真も並ぶ。

 池上さんは「これからは趣味に全力投球。定期的に展覧会を開きたい」と話している。

 午前10時~午後6時(最終日は同4時まで)。入場無料。問い合わせはアクロス福岡文化観光情報ひろば=092(725)9100。 (黒田加那)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ