長崎駅新ビルにマリオット系ホテル JR九州と提携、25年ごろ開業 

西日本新聞 一面 岡部 由佳里 布谷 真基 華山 哲幸

 九州新幹線西九州(長崎)ルートの2022年度の暫定開業に伴い、JR九州が新たに建設する長崎駅ビル(長崎市)に、世界最大のホテルグループ、米マリオット・インターナショナル系のホテルが入ることが11日、分かった。JR九州と提携して、25年ごろに開業する見通し。近く発表する。

 JR九州が国内で外資系ホテルと組むのは初めて。新駅ビル「アミュプラザ長崎」の上層フロアに入る。マリオットは100カ国以上で「ザ・リッツ・カールトン」や「ウェスティン」など、グレードごとに30ブランドを展開している。長崎のホテルは四つ星相当のブランドになるとみられ、規模は200室程度。

 新駅ビルは十数階建て。全体の高さは60メートル程度を想定。低層部を専門店などの商業エリアとし、中層部はオフィスや駐車場が入る。ホテルに先行して商業・オフィス部分がオープンする予定。

 長崎駅周辺は、新幹線暫定開業と在来線高架化で駅舎が150メートルほど西に移動するため、土地区画整理事業による開発計画が進む。西側では建設中の大型コンベンション(MICE)複合施設「出島メッセ長崎」の隣にヒルトン長崎が21年11月に開業する予定。 (布谷真基、岡部由佳里、華山哲幸)

   ×    ×

【ワードBOX】マリオット・インターナショナル

 「マリオット」「シェラトン」「ウェスティン」など30ブランドで約7千軒のホテルを展開する世界最大級のホテルチェーン。1927年創業で本拠地は米国。日本では44施設を運営している。九州では、福岡市・大名に最高級クラスの「ザ・リッツ・カールトン」を2023年に開業する計画。アジア太平洋地域を重要な市場と位置づけ、積極的に新規ホテルを展開する方針を明らかにしている。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ