ありがとうW杯ボランティア ラグビー組織委、大分市で集い

西日本新聞 大分・日田玖珠版 稲田 二郎

 ラグビーワールドカップ(W杯)大分開催の運営を支えた公式ボランティア「チーム・ノーサイド」への感謝の集いが大分市であった。大会に参加した1323人のボランティアのうち約800人が出席し、大会までの歩みや期間中の感動をあらためて振り返った。

 W杯2019組織委員会の主催で、7日に開催。ボランティアの活動を振り返るビデオを見た後、高橋強・県ラグビーW杯推進課長が「皆さんが盛り上げてくれたことが成功につながった」「笑顔で活動しているのをみてありがたいと思った」と謝意を示した。

 日本代表のリーチ・マイケル主将が「皆さんのおかげでベスト8入りが達成できた」と話すメッセージの上映などもあり、出席者は1カ月ぶりに再会した仲間たちと笑顔で思い出を話すなどしていた。 (稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ