基地問題の原稿を全く書いていない…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 阪口 彩子

 「基地問題の原稿を全く書いていない。それで良いのだろうか」。先日ふと記した日記。3月まで米軍普天間飛行場の移設先である沖縄県名護市に住んでいたので、毎日現場に行って原稿を書いていた▼サンゴが広がる辺野古の海に埋め立てが始まって14日で1年になる。沖縄の人はほとんどが移設工事に反対するが工事は強行される。ある時、地元の名護市の職員が言った。「国が公共工事で工期も工費も決めてないっておかしいよ。建設費用が膨れ上がるだけ。これだけ税金が使われているって全国の人が気付いたら工事は止まるかな」▼移設工事は遠い沖縄の話ではなく、私たちの税金が大量につぎ込まれる身近な問題。離れていても書ける記事はたくさんある。その視点をしっかり見つめ直したい。(阪口彩子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ