覚醒剤600キロ密輸11人逮捕 所持容疑など 福岡県警押収、台湾ルートか

西日本新聞 社会面 森 亮輔

360億円相当、洋上で受け渡し

 熊本県天草市の漁港で覚醒剤約600キロ(末端価格360億円相当)を密輸しようとしたとして、福岡県警や海上保安庁、税関などは12日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持、営利目的輸入予備)の疑いで台湾人4人と東京都や宮崎県などの日本人7人の計11人(19~70歳)を逮捕したと発表した。福岡県警が一度に押収した覚醒剤としては過去最大規模。国内でも2番目の量とみられる。

 捜査関係者によると、台湾ルートでの密輸の可能性が高く、別の船で運ばれた覚醒剤を海上で移し替える「瀬取り」と呼ばれる方法を使ったとみられる。今年は瀬取りによる大量の覚醒剤密輸の摘発が相次いでおり、県警などは大規模な国際密輸組織が関わっているとみて実態解明を進める。

 11人のうち3人の逮捕容疑は11日午後5時20分ごろ、天草市魚貫(おにき)町の漁港に係留中の漁船内で覚醒剤を所持した疑い。残る8人は営利目的で外国から覚醒剤を輸入する準備をした疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、覚醒剤密輸情報を得て9月ごろから内偵捜査。今月11日午後、マークしていた漁船が同市の魚貫港に入港したため船内を捜索し、ポリ袋に小分けされた覚醒剤約600キロを発見、押収した。

 同県警による覚醒剤押収はこれまで、1999年に鹿児島県笠沙町(現南さつま市)の黒瀬海岸で摘発した約564キロが最多だった。全国では今年6月、静岡県下田沖で過去最多となる約1トンを押収。瀬取りによる密輸とみられ、約2キロずつ袋に小分けされていた。

 警察庁によると、全国の警察が2018年に押収した覚醒剤は計約1138・6キロで、3年連続で1トンを超えた。 (森亮輔)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ