『新しい小農~その歩み・営み・強み』小農学会編 著(創森社・2200円)

 2018年、国連総会で「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言」が採択された。日本では農業の大規模化や企業化が進められる中、世界においては、持続可能な理想的な農のかたちとして小農が再評価されているのだ。なぜ農業が人々の足元になければならないのか。佐賀県唐津市在住の農民作家、山下惣一さんなど現場の農家と研究者らが全国に呼びかけて結成された「小農学会」の会員9人の実践と主張から、その答えが見えてくる。

関連記事

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR