ラグビーW杯1位に挙げる 県内十大ニュース

西日本新聞 大分・日田玖珠版 岩谷 瞬

 広瀬勝貞知事は10日の定例会見で、県内十大ニュースを発表した。1位は、昭和電工ドーム大分(大分市)で5試合が行われたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。5試合で国内外の計17万3千人が観戦した同大会を振り返り、「ラグビーの価値観を体感し、外国人を受け入れた経験は、県民にとって大きな財産になる」と述べた。

 2位には、民間観光調査の「旅行先の総合的な満足度」で初めて1位を獲得したことを挙げた。3位は5年ぶりの農業高校「久住高原農業高」(竹田市)の開校。ほかに、いずれも大分市に建設された県立武道スポーツセンターや大分川ダム(ななせダム)の完成、10~11月に開催された日本ジオパーク全国大会などがランクインした。

 今春の知事選で5選を果たし、現職として全国最高齢の広瀬知事。「これまでやり残してきたこと、とにかく大分版地方創生を果たすぞ、という思いでやってきた。私なりに、順調に走り始めたと思う」と今年1年を振り返った。(岩谷瞬)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ