五輪・パラの名場面一堂に 南関町で写真展

 過去のオリンピック・パラリンピックの名場面を集めた写真展「スポーツのチカラ」が、南関町関東の町B&G海洋センターで開かれている。B&G財団が来年の東京五輪・パラリンピックを盛り上げようと全国31カ所を巡回。15日には同センターでパラ競技「ボッチャ」の体験会もある。入場・参加無料。17日まで。

 バルセロナ五輪(1992年)の競泳女子200メートル平泳ぎで史上最年少の14歳で金メダルを獲得した岩崎恭子、ロンドン五輪(2012年)の体操男子個人で日本選手として28年ぶりの頂点に立った内村航平、アテネ・パラ(04年)の柔道男子66キロ級(視覚障害)で3連覇した藤本聡ら各選手のほか、リオデジャネイロ・パラ(16年)のボッチャで初の銀に輝いた日本チームなどの躍動や表情を捉えた写真が並ぶ。

 ボッチャ体験会は午前9時~正午。(宮上良二)

熊本県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR