クスサン オスの触角、羽毛状に

西日本新聞 こども面

 秋に出てきて、夜よく街灯に来ているのを見かける大きいガです。オスの触角はこの写真で見るように見事な羽毛状になっていますが、メスの触角はまばらなくしひげ状になっています。

 オスの触角がこのように複雑な形にできているのは、メスが発するフェロモンと呼ばれる物質が空気に乗って流れてくるのを、遠くにいても感じ取ることができるアンテナの役目をしているからです。オスはその匂いを嗅ぎ取って交尾するためにメスのところに飛んで行きます。

 幼虫のからだはきれいな白い毛で覆われているので、昔の人はその幼虫のことをシラガタロウ(白髪太郎)という愛称で呼んでいたとのことです。

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ