不通の「めがね橋」列車が走った? 日田彦山線復旧願いライトアップ

西日本新聞

 九州豪雨後、不通が続く福岡県東峰村のJR日田彦山線の「めがね橋」を列車が走った!?。

 実は手作りの灯籠で、サイズは高さ10センチ、横60センチの2両編成。橋の近くに設置され、角度によって橋上を走っているように見える。

 筑前岩屋―大行司駅間に架かる「栗木野橋梁(きょうりょう)」と「宝珠山橋梁」のライトアップに合わせ、地元の住民団体と子どもたちが制作。不通から約2年半。いまだ復旧策が決まらない中、鉄道での早期復旧の願いを灯籠列車に乗せた。ライトアップは来年1月4日までの午後5時半~9時半。灯籠は期間中の週末のみ2カ所に設置される(雨天中止)。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ