吉野さん、九大で1月講演 ノーベル賞受賞後初

西日本新聞 社会面 四宮 淳平

 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェローの講演会が来年1月31日、福岡市西区の九州大伊都キャンパスで開かれる。開発に成功したリチウムイオン電池と環境問題がテーマ。一般の来場も受け付ける。

 吉野さんは九大の客員教授などとして過去にも講演しているが、ノーベル賞受賞後は初めて。九大は国内外のエネルギー分野の専門家などが集まる「エネルギーウイーク」を1月27~31日に予定している。

 また、九大は9日の役員会で吉野さんに「栄誉教授」の称号を授与することを決めた。これまでノーベル賞受賞者5人に授与したが、日本人では吉野さんが初めて。

 講演は椎木講堂で午後1時半から。入場無料。今月末ごろから九大エネルギーウイークのウェブサイトで申し込みを受け付ける。先着順。講演会事務局=092(663)5558。 (四宮淳平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ