黒く塗りつぶされた様子は…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 山下 真

 黒く塗りつぶされた様子はしばしば、のり弁当に例えられる。役所が市民の求めに応じ、情報開示する公文書のことだ。周防灘に面する苅田港で2年前に引き揚げられた旧日本軍の毒ガス弾について、その後の処理過程に関する文書を請求すると、肝心な情報は真っ黒。開示されたのは、まるで段重ねの高級のり弁だった▼戦時下、苅田港の近くには陸軍の施設があり、極秘で毒ガス弾を製造していたという。今回も、その一つかもしれない。国は「テロや犯罪の恐れ」を理由に今年、住民に周知しないまま爆破処理を済ませていた▼平成から令和へと改元した年が暮れる。昭和の戦禍は遠ざかるばかりだ。ひっそりと消された負の遺産と、事後検証をはばむ黒塗りの束に「風化」の危機を感じている。 (山下真)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ