【動画あり】福岡発羽田行きの全日空機から煙、福岡空港に緊急着陸

西日本新聞

 国土交通省福岡空港事務所によると、19日午前9時50分ごろ、福岡発羽田行きの全日空246便で離陸直後にエンジントラブルが発生。同10時15分に福岡空港に緊急着陸した。けが人はいなかった。福岡空港は同10時15分から49分まで滑走路を全面閉鎖した。

全日空機が福岡空港に緊急着陸(読者提供)

 全日空広報室によると、機体はボーイング767-300ER。離陸後に上昇中、右エンジンの温度上昇がコックピットの計器で確認されたため、右エンジンを停止し、福岡空港に引き返した。乗客は乳幼児3人を含む270人。乗員は8人。

 離陸後に右翼下から炎が上がり、黒煙が出たとの目撃情報もある。東京での会議に向かっていたという福岡市中央区の会社役員男性(62)は「離陸してまもなく、ドスンという音がした。バードストライクかと思ったが、機長から『右エンジンで火災が発生したもよう。消火剤をまいた』とアナウンスがあった。みんな落ち着いて座っていて冷静だった」と話した。 

 東京に旅行に行くために搭乗した福岡市の男子大学生(22)は「機内は満席だった。離陸直後に爆発音が1回して驚いた。泣いている子どももいたが、機内アナウンスがあったので、静かに待つことができた」と語った。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ