同僚にセクハラした警部補を減給処分 熊本県警、公表せず

西日本新聞 綾部 庸介

 熊本県警の40代男性警部補が同僚の女性職員に抱きつくなどのセクハラ行為を繰り返したとして、県警が減給10分の1(1カ月)の懲戒処分としていたことが分かった。

 県警監察課によると、警部補は2018~19年、職場の飲み会で複数回にわたり女性職員2人の脇腹を触ったり、抱きついたりしていた。別の職員が同課に相談して発覚。県警は今年3月18日付で処分し、警部補は別の部署に異動した。

 さらに、別の20代男性巡査長が6月、勤務時間外に熊本市内の飲食店で女性店員の胸を触ったとして、県警は県迷惑行為等防止条例違反容疑で書類送検した。女性と示談が成立し、不起訴(起訴猶予)になったが、8月23日付で本部長訓戒処分とした。

 県警は、いずれの事案も公表していない。「プライベートな事案のため、警察庁の指針を参考に判断した」と説明している。 (綾部庸介)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ