冬至はポカポカゆず湯においで 小郡市「満天の湯」

西日本新聞 社会面

 22日は1年で日照時間が最も短い冬至。福岡県の小郡市総合保健福祉センター「あすてらす」の温泉施設「満天の湯」では22日午後6時から、浴槽に果実を浮かべる「ゆず湯」を初めて提供する。浮かべるのは直径十数センチのごつごつした「鬼ゆず」。温泉利用者から「庭の木にたくさんなったのでぜひ使って」と約100個贈られた。

 ゆず湯となるのは露天風呂2カ所と家族湯(希望者)。午後6時からの入場料は1人270円(未就学児無料)。家族湯は別料金。「抱えきれないほどの鬼ゆずで心身を温め、元気いっぱいな年末年始を」と担当者。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ