「子」描いた破魔矢作りピーク 大分・宇佐神宮

西日本新聞 大分・日田玖珠版 吉川 文敬

 宇佐神宮(大分県宇佐市)で、正月用の縁起物の破魔矢作りがピークを迎えている。令和最初の正月となる今回は、昨年並みの6種類1万3000本を用意する予定だ。

 11月中旬から始まり、連日、みこらが矢に五色の吹き流しや干支(えと)の子(ね=ネズミ)が描かれた絵馬、魔よけの鈴などを取り付ける作業に追われている。今月下旬までかかるという。

 神宮は来年の正月三が日で県内最大となる40万人の参拝者を見込む。(文と写真・吉川文敬)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ