北九州市・小倉の路上で男性刺され死亡 男を殺人容疑で逮捕

西日本新聞 山下 航 岩佐 遼介 野間 あり葉

 21日午後11時10分ごろ、北九州市小倉北区神岳1丁目の路上で「けんかがあり、1人が倒れている」と110番があった。住所、職業ともに不詳の男性(40)が腹部を刃物で刺され、搬送先の病院で死亡した。福岡県警小倉北署は22日、殺人の疑いで、同区の神岳2丁目、自称建設業の男(48)を逮捕した。

 署によると、男は事件後に現場を立ち去ったが、22日朝に「迎えに来てほしい」と署に連絡した。「被害者のことは知らない。刺したことは覚えていない」と容疑を否認しているという。

 現場には男女の計5人がおり、男は頭と手にけがをしているという。「複数の男女がもめていた」との目撃情報があり、署は5人の関係やトラブルの有無などを調べる。

 現場は、JR小倉駅から南東に約2キロの住宅や飲食店が立ち並ぶ地域。事件発生直後は規制線が張られ、人だかりができるなど騒然とした。(山下航、野間あり葉、岩佐遼介)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ