えとの置物制作ピーク 唐津焼「中野窯」

西日本新聞 佐賀版 野村 創

 唐津市町田の唐津焼窯元「中野窯」で、来年のえと「子(ね)」にちなんだネズミの置物作りが進んでいる。中野霓林(げいりん)さん(69)が米俵の上を動き回るネズミを表情豊かに作り込んでおり、年内に置物と香合を合わせて15体ほど完成させる。

 中野さんは40年以上前からえとの置物を制作。今回は、大中小の置物3種類とネズミをあしらった香合1種類を作っている。置物は、竹べらでネズミの足やしっぽを丁寧に彫り上げた後、素焼きし、化粧土を施してから本焼きして仕上げる。

 中野さんは「ネズミは大黒様の使いと言われ、縁起が良い動物。来年は景気も上昇中(チュウ)で、右肩上がりの年になるよう願って作っている」と話した。

 価格は4万4000~33万円(税込み)。中野窯=0955(73)8881。

(野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ