【連載】19歳の地図㊥ 「親から逃げたい。誰か泊めてください」

西日本新聞 黒田 加那

 ◆19歳の地図~ヒカル㊥

 西日本新聞「あなたの特命取材班」に、母親から精神的暴力を受けているとLINEを送ってきた19歳のヒカル(仮名・敬称略)。記者の私(28)が初めて会ったのは11月中旬だった。世間は、家出を考えた少女がSNSで知り合った男に誘拐された事件の話題で持ちきりだった。「女の子の気持ちが分かるんです」。小さな声でつぶやいた。

 「福岡在住。親から逃げたい。誰か泊めてください」

 6月。ヒカルは母の言葉の暴力に耐えられず、インターネット上の「神待ち掲示板」に書き込んだ。家出をした女性に泊まる場所や食事を提供する「神様」との出会いを求める人たちが集う場。フリーのメールアドレスも書き込んだ。

 危ないことだ、とよく分かっていた。でも、体調を崩して専門学校をやめていたので働けず、家を出て自立する資金もなかった。普通の方法ではこの環境からすぐには抜け出せない。

 「もし出会った人に殺されてしまっても、今の生活を続けるよりはまし」。そんな自暴自棄に似た考えばかりが頭を巡った。

 返信はなかった。

 「助けてほしいという気持ちの方が勝ってしまう人たちのことはよく分かる。運が悪ければ、私だって、あの女の子のように」

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ