北朝鮮核「対話で解決を」 中韓首脳

西日本新聞 総合面 池田 郷

 【成都・池田郷】中国の習近平国家主席は23日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北京で会談した。北朝鮮の非核化問題について習氏は「中韓は対話と協議を通じて問題解決を図るよう主張しており、これは安定を保ち交渉を促す揺るぎない力である」と強調した。中国メディアが報じた。韓国側によると、文氏は「朝米間の対話のモメンタム(勢い)を生かすことが何より重要だ」と述べた。

 また韓国側の発表によると、習氏は米国との貿易摩擦に関し「協力すれば皆の利益となり、戦えば皆に傷が残る。衝突せずに柔軟に対処していく」との意向を示した。文氏は「韓国は中国の重大問題における立場を理解し、自由貿易を支持する」などと応じた。

 朝鮮半島情勢は、北朝鮮が米国との非核化交渉の期限とする年末が迫り、駆け引きが激化。聯合ニュースによると、文氏は「最近の状況は、韓中はもちろん北朝鮮にとっても有利にならない」と懸念を表明した。

 中国は最近、朝鮮半島情勢の緊張緩和のため、ロシアと共に国連安全保障理事会に北朝鮮制裁の緩和決議案を提出している。韓国大統領府関係者は23日、決議案を「注目している」と述べた上で「多様な国際的努力が必要だ」と指摘した。

 文氏は23日午後、中国・成都へ移動して中国の李克強首相とも会談。中国首脳との相次ぐ会談を通じて、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配置で悪化した中韓関係の完全回復につなげたい考えだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ