習氏の国賓来日「極めて重視」 日中会談で首相 尖閣や香港対応促す

西日本新聞 一面 川原田 健雄 鶴 加寿子

 【北京・鶴加寿子、川原田健雄】安倍晋三首相は23日、訪問先の北京で中国の習近平国家主席と会談し、来春予定する習氏の国賓来日について「極めて重視している」と強調した。一方、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入や香港情勢、ウイグル問題の対応改善も要求。習氏の国賓待遇に国内から異論が出る中、懸念解決を訴えて環境整備を図った格好だ。

 習氏は会談冒頭「私と首相が意思疎通を緊密に保ち、中日関係を新しい段階に押し上げたい」と述べた。

 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題について、両首脳は朝鮮半島の非核化に向けた連携と、国連安全保障理事会決議の履行が重要との認識で一致。安倍氏は日本人拉致問題の早期解決に向けた協力を呼びかけた。習氏はロシアとともに提出した北朝鮮制裁の緩和決議案への支持を求めた。

 安倍氏は中国当局に拘束されている日本人の早期帰国を要請。中国公船の領海侵入についても対応改善を求めた。習氏は「防衛当局間の交流促進を含め、海洋安全保障分野の取り組みを進めたい」と述べた。

 香港情勢について、安倍氏は「大変憂慮している。一国二制度の下、自由で開かれた香港の繁栄が重要だ」と懸念を表明した上で自制的な対応を要請。新疆ウイグル自治区で指摘される少数民族ウイグル族への抑圧政策についても、中国政府が透明性のある説明をするよう促した。これに対し、習氏は「中国の内政問題だ」との考えを強調した。

 安倍氏と習氏の会談は6月の大阪以来で、時間は約45分に上った。会談後、両首脳は夕食会に臨んだ。

 安倍氏は23日、政府専用機で北京入り。24日は四川省成都で開かれる日中韓3カ国首脳会談や韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との会談に臨む。25日には成都で中国の李克強首相と個別に会談し、帰国する。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ