いじめ対応なくPTSD 大分市の女子中学生、自殺図る

西日本新聞 社会面 井中 恵仁

 大分市の女子中学生がいじめを苦に自殺を図っていたことが23日、大分市教育委員会への取材で分かった。命に別条はなかったが、現在も入院している。市教委などは、学校側の対応に問題がなかったかを検証する協議会を立ち上げて調査を始めた。

 市教委などによると、女子中学生は小学6年時から、継続的に同級生から暴言や暴力などのいじめを受けていた。女子生徒の保護者の説明では、中学進学後もいじめは続き、今年、精神安定剤を大量に摂取して自殺を図った。いじめによる心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されていた。

 保護者はいじめについて小学校に調査や対策を要望していたが、学校側は「児童同士のけんか」と捉えて対策を行わず、中学校への申し送りもしていなかった。市教委は「このような結果になっており、学校側の対応は十分ではなかった」と説明した。 (井中恵仁)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ