「毎日恐怖」SNS“捨て垢“からの中傷 アカウント削除される前にやるべきこと

 「今すぐ消えろ!」―。会員制交流サイト(SNS)で、架空の人物として作られた「捨て垢(すてあか=『捨てアカウント』の略)」からの誹謗(ひぼう)中傷について報じた西日本新聞「あなたの特命取材班」に、「私も同じ被害に遭って困っている」「毎日恐怖です」などと同様の被害を訴える声が続々と届いている。発信者の特定が難しい場合、どう対処すればいいのか。あらためて専門家に聞いた。

 西日本地域在住で歌やダンスのネット配信をしている20代の女性は、ある日突然、短文投稿サイトのツイッターに繰り返し、知らないアカウントから「消えろ!」などと書き込みやメッセージが送られるようになった。多いときで一晩で20通以上。このアカウントから受信を拒否する設定をしても、また別のアカウントから同様のメッセージが頻繁に届く。次々に新しいアカウントが中傷してくる状況に、女性は「相手の顔は見えず、いつ実害を加えられるかもしれないと毎日恐怖です」と涙ぐむ。

 大分県内に住む男性も、民事訴訟を巡って、匿名のアカウントからSNS上に、個人情報や名誉毀損(きそん)にあたる内容を書き込まれたという。

 ネット配信業をしている福岡県内の人物は、自分の活動に批判的な人物によって、かつて自分が書いていたブログから実名や住所まで特定され、誹謗中傷や脅迫を受けたという。警察に相談したものの、十分な対応をしてもらえず「また何かありましたら相談ください」と言われただけだったという。

 関東地区に住む女性も、ブログを公開するたびに、否定的な書き込みが続いた。嫌がらせや脅迫メールの件数は8か月で400通を超えた。「殺す」という文言もあったが「実際の事件になっていないため、警察では応じてもらえなかった」と話す。

関連記事

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR