【動画あり】先人の知恵、遠い異国でも 朝倉市・山田堰

西日本新聞 九州+

 石を斜めに敷き詰めることで、水の勢いを抑え用水路に導く。

 筑後川にある山田堰(ぜき)(福岡県朝倉市)は江戸時代の1790年、田んぼに水を引くために築造された。現在も農地を潤し続けている。

 アフガニスタンで凶弾に倒れた非政府組織ペシャワール会(福岡市)現地代表の中村哲医師は、2003年から始めたアフガニスタンの農業用水路の建造で、山田堰の技術に着目。農業用水路の完成で、砂漠は緑地に変わった。遠い異国の地で先人の知恵は引き継がれている。 (ドローンで撮影・佐藤雄太朗)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ