【動画あり】聖夜に浮かぶ赤れんが 今村天主堂ライトアップ

西日本新聞 筑後版 大矢 和世

 クリスマス前から年末年始にかけ、国指定重要文化財の今村天主堂(福岡県大刀洗町今)では、赤れんがを照らし出すライトアップが行われている。1913(大正2)年建築の荘厳な建物が闇夜に浮かび上がっている。

 天主堂は、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」でも多くの教会を手がけた鉄川与助(てつかわよすけ)による設計と施工。高くそびえる双塔とロマネスク風様式が特徴だ。耐震化工事に多額の費用がかかると見込まれ、町はふるさと納税サイト「さとふるクラウドファンディング」で支援を募っている。

 24日夜はクリスマスイブのミサが行われた。ライトアップは来年1月4日まで。 (大矢和世)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ