巨大「ねぼとけさん」もスッキリ? 福岡・南蔵院で「お身拭い」

西日本新聞 社会面 後藤 潔貴

 「ねぼとけさん」の愛称で親しまれる巨大な釈迦涅槃(しゃかねはん)像のすすを払う「お身拭い」が26日、福岡県篠栗町の南蔵院であった。新年の無病息災の願いを込める恒例行事で、訪れた参拝者ら約200人が心を込めて像を清めた。

 1995年建立の像は全長41メートル、高さ11メートルで、ブロンズ製としては世界最大級とされる。訪れた善男善女は長さ5メートルほどの竹ザサで涅槃像のほこりを落とし、約30センチ四方のさらしで汚れを拭き取った。

 3年ぶり2度目の参加という福岡市の十時美津子さん(62)、辻優子さん(58)姉妹は「自身の心も洗われます」と満面の笑み。辻さんは「新年は元気にチャレンジする年に」。十時さんは「健康で楽しく暮らせれば」と願いを込めた。 (後藤潔貴)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ