高校を卒業し、就職するまでは学校が…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 四宮 淳平

 高校を卒業し、就職するまでは学校が面倒を見てくれたけれど、就職先になじめず退職して路頭に迷う―。高校教員からそんな話を聞いて驚いた。これは小中高と12年間に及ぶ教育制度のいわば「敗北」ではなかろうか▼数式の解き方や歴史的事象、英単語の記憶などテスト対策で知識を詰め込むだけの学習は、実践力が求められる就職という側面から見ても限界を迎えている▼福岡県内のある高校でのこと。在校生を体育館に集め、時間厳守など就職面接の諸注意を行い、私語を叱り飛ばしていた。学校独特の校則で縛り付ける、よくあるスタイルに映った。表面上の形を整えて送り出すことよりも、社会で必要なことを自ら考えて、決定し、行動するトレーニングこそ優先されるべきだと思う。(四宮淳平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ