【連載】19歳の地図㊦  「発達障害、『もう来なくていい』が怖い」

西日本新聞 黒田 加那

 ◆19歳の地図~ヒカル㊦

 家族からの精神的暴力を訴えるLINEを西日本新聞「あなたの特命取材班」に送ってきた19歳のヒカル(仮名・敬称略)。自立を目指して始めたアルバイトは5カ月になる。ただ、発達障害の診断を受けているために「新たな悩みが出てきた」―。

 福岡県内で暮らすヒカルは幼い頃からコミュニケーションが苦手だった。がやがやした場所や大勢での会話では、余計な雑音が頭に残る感じがして、集中できない。自分ではその気はないのに、何げない言葉で相手を怒らせてしまうこともあった。

 思春期を迎え、いじめに遭った。次第にうつ症状がひどくなり、中学からは保健室登校に。通信制の高校は週2、3日の通学だったが、次第にうつが重くなり、高校2年の頃には起き上がれない日も続いた。

 高校はなんとか卒業でき、声優の夢をかなえようと専門学校に進んだ。最初は張り切ってリーダーシップを発揮したが、「そう」と「うつ」の激しい落差ゆえに、夏頃にはまた心が重くなった。症状は悪化、学校をやめることになった。

 うつ症状のたび、病院に行こうと思うが体が動かない。家族も手を差し伸べてくれない。退校から1年。体調が少し回復したのを機に、精神科を受診することを思い立った。「未成年は親の同席が必要」と断られることもあったが、病院を探しだし、なけなしの貯金をはたいた。

 診断は注意欠陥多動性障害(ADHD)と双極性障害(そううつ病)。「原因が分かったのでちょっと安心した」。独り立ちした後の助けになれば、と障害者手帳も自ら取得した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ