自由すぎて駅長は不向き?でもネズミ取りでは大活躍  JR真幸駅の看板猫たち

西日本新聞

【ねこ駅長を訪ねて(3)JR真幸駅】 

 「〝駅長〟ではないけど、駅でかわいがられている看板猫たちがいる」。そんなうわさを耳にした。宮崎県えびの市にあるJR真幸駅。なんと縁起の良い名前の駅だろう。会えばきっと幸福になれる?。福を呼ぶ猫たちを拝みに出発だ。

【写真特集】ゆったりと時間が流れる真幸駅でのんびり暮らす「チャトラ」たち

 JR博多駅から真幸駅までは新幹線と特急列車で約4時間の長旅。熊本駅までは九州新幹線で行き、JRの特急「かわせみやませみ」号へ。終点の人吉駅で「いさぶろう」号に乗り換える。

 矢岳駅(熊本県人吉市)と、今回の目的地、真幸駅の間の通称「矢岳越え」は「日本三大車窓」の一つ。標高500メートル以上から一望するえびの盆地と霧島連山は、三大車窓の呼び声にふさわしい。この日は連山に少し雲が掛かっていたが、それでも桜島まで見渡せた。

 真幸駅は1911(明治44)年にできた宮崎県内初の鉄道駅。風情のある木造駅舎だが周囲に人家がない無人駅で、1日に上下線3本ずつしか止まらない。列車が急斜面を一度では上りきれないため、後進して緩やかに斜面を上り、再び前進する「スイッチバック」方式が有名だ。

   ◇    ◇

 「いま、ちょうどお昼寝中ですよ…」。駅に着くと、地域のボランティア団体「真幸駅友の会」会長の山並重子さん(78)が、小声で教えてくれた。視線の先には、駅舎隣のトイレの脇でくつろぐ茶色の虎猫「チャトラ」の姿が。どこか貫禄が漂うチャトラは、5年ほど前から駅に現れるようになったという。

 「実はもう2匹いるんです」。山並さんが指し示す土産物の台の下をそっとのぞくと、キジトラ猫2匹が顔を見せた。尾が短いのが「クロ」。尾が長くて鳴き声から名付けたのが「ミー」。3匹ともオスで、友の会メンバーが週2、3回駅を訪れ、定期的に餌を与えているという。

 ここ5年ほど、駅に来る猫たちを見守っているという。当時の友の会会長で、猫好きの上熊須康さんが、どこからともなく現れた猫たちに餌をあげて面倒を見たのがきっかけだ。「縁起の良い駅だから、猫にもくつろいでほしい」。駅舎の軒下には、ねぐら用の段ボールや毛布も用意した。

   ◇    ◇

 駅では友の会が中心なって野菜や漬物などの地元の物産品や、手作りのキーホルダーなどを販売している。

 猫が駅に来るようになって、想定外の〝幸せ〟があった。

 普段は駅舎の倉庫に商品を置いているが、食品もあるため、いつもネズミの被害に悩まされていたという。しかし「猫たちが来るようになって、ネズミが姿を見せなくなってね」。山並さんはほほ笑む。

 真幸駅のホームには「幸福の鐘」がある。「ちょっと幸せの方は1回、いっぱい幸せの方は3回鳴らして」と乗務員。にぎわうホームを、猫たちは離れた木陰から見つめている。

 山並さんは、餌やりだけでなく、ノミ取りなど衛生面にも気を配っている。実は3匹とも「病院に連れて行ったことで人間を怖がるようになってしまった」そうだ。「野良生活が長いので、駅長には不向きかもしれませんね」

 一方で、3匹は駅には毎日のように来る。本当の気持ちを知ることはできないが、少なくとも「駅にとってはネズミよけという〝重要な任務〟を果たしています」と山並さんは目を細めた。

  ★★★ ★★★

 今回は「駅長」ではなかった〝猫駅長の旅〟ですが、次回は「猫」ならぬ〝鯉(こい)駅長の旅〟です。長崎県島原市の島原鉄道島原駅で2年半以上にわたり駅長を務め、12月12日に引退した鯉の「さっちゃん」に会いに行きます。

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ