音と旅する鉱物展 音楽と一緒に鉱物鑑賞

西日本新聞 夕刊

 ▼来年1月26日まで、福岡市・天神のイムズ8階、三菱地所アルティアム 九州大総合研究博物館が収蔵する約150点の鉱物を展示。通常は一般公開していない貴重な標本が並ぶ。

 会場では、音楽家原摩利彦さんが収集した石をたたく音や、鉱物から連想する音をもとにした曲が流れる。

 奥深い海底で生成した石や宇宙から落下した隕石(いんせき)などを音楽に耳を傾けながら眺めると、はるか遠い時代や場所への想像がかき立てられる。

 一般400円、学生300円(ともに前売りは100円引き)、高校生以下は無料。アルティアム=092(733)2050。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ