別府市に巨大露天ぶろ計画 北欧「ブルーラグーン」モデル

西日本新聞 稲田 二郎

 大分県別府市は、巨大な露天風呂を市内に建設する方針を明らかにした。新たな集客の目玉施設とし、北欧のアイスランドにある世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」をモデルとする。来年3月末までに市有地の中から複数の候補地を選定。民間事業者を公募して事業に乗り出す計画だ。長野恭紘市長は2023年4月までの任期中に着工したい考え。

 温泉の湧出量日本一を誇る別府市。18年の観光客数は904万人で客数は増加傾向の一方、1人当たりの消費額が減っている影響で同年の観光消費額は865億円と、14年と比較して109億円も減少した。このため長野市長は、「稼ぐ観光」を担う新たな呼び物として「別府版ブルーラグーン」の建設を公約に掲げていた。

 市によると、「本家」のブルーラグーンは約5千平方メートル規模。入浴できるエリアは2400平方メートルに及び、アイスランド随一の観光スポットになっている。利用料金は1回6千円程度で、エステや食事などとセットで約6万円のコースもあるという。

 市の計画では、別府湾を見晴らせる場所に同様の巨大な露天風呂を建設。性的少数者(LGBT)への配慮もあり、水着や湯あみ着などを着用して入る混浴にする方針。入浴する湯には余剰温泉を活用するなど環境にも配慮。巨大露天風呂の周辺に宿泊施設などを建設することも検討する。

 来年3月末までに、有識者委員会で施設全体の規模や設備、必要な湯量などの基本構想をまとめ、候補地を数カ所選定。その後、民間事業者を公募し、場所も含めて決定する。別府版ブルーラグーンができることにより、市には土地の使用料収入、入湯税や雇用の増加などのメリットもあるという。

 同委員会の委員長を務める斉藤雅樹東海大教授(温泉地域学)は「規模だけ大きくても駄目。別府の“本物感”がある露天風呂にしたい」としている。 (稲田二郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ