昭和期のデザイン復刻 西肥バス、創業100周年記念で

西日本新聞 長崎・佐世保版 宮崎 省三

 2020年に創業100周年を迎える西肥自動車(長崎県佐世保市)は27日、昭和期の車体デザインを復刻した路線バス1台を公開した。佐世保-福岡の高速バスと路線バスの各1台に、記念デザインのラッピングバスも走らせる。3台とも28日から運行する。

 復刻バスは、1990年に現在のデザインに一新されるまで運行していた路線バスを再現。銀色の車体に濃い青が映え、前面に社章を施している。同社の整備士が約1カ月かけて塗装した。ラッピングバスには、バス停と「100」の文字をあしらった記念ロゴをデザインしている。

 3台ともナンバーは「100」。1年間をめどに運行し、路線バス2台は佐世保市を中心に走る予定。

 西肥自動車は1920年2月、現在の佐世保市江迎町で創業した。 (宮崎省三)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ