諏訪神社ですす払い 令和初の正月向け準備着々

西日本新聞 長崎・佐世保版 西田 昌矢

 新年を間近に控えた29日、長崎市上西山町の諏訪神社では迎春の準備が進められ、ご神体がある本殿と参拝客が祈願する拝殿では1年間にたまった汚れを落とす恒例の「すす払い」が行われた。

 烏帽子(えぼし)と狩衣(かりぎぬ)姿の神職4人は境内で取れた長さ約4メートルの竹を操り、天井の隅々にたまったほこりを払った。池田剛康宮司(74)は「来年は干支(えと)の始まりのねずみ年で、令和になって最初のめでたい正月。たくさんの参拝者とともに祝いたい」と語った。

 諏訪神社は年の最後に身を清める「大払式」と「除夜祭」で1年の行事を締めくくる。年明けは天候に恵まれる見通しで25万人の初詣客を見込んでいるという。(西田昌矢)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ