手作りランタン、温かな光 佐賀市・トンボの池公園

西日本新聞 佐賀版 野村 有希

 佐賀市兵庫北のトンボの池公園で、毎年恒例のイルミネーション点灯が始まった。地元の子どもたちが手作りした約1200個のペットボトルランタンと、高さ11メートルのツリーなどに飾られた約5万個の電飾が、温かな光を放っている。

 ペットボトルのランタンは、兵庫小と佐賀清和中、ちえんかん保育園などに通う子どもたちらが作製。兵庫小4年の松瀬果凛さん(10)は「とてもきれいなので、みんなに見に来てほしい」と話した。

 イルミネーション点灯を実施しているのは、地元のNPO法人「夢の里兵庫」。22日のオープニングセレモニーでは、子どもたち約400人にお菓子の詰め合わせが配られたという。

 点灯は来年2月14日まで。午後5時半から同10時。(野村有希)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ