大分県、シイタケ新品種開発へ 暑さ強く、安定生産へ

西日本新聞 社会面 岩谷 瞬

 干しシイタケ生産量日本一の大分県は、気候変動に強い品種の開発を進めている。暖冬や残暑に見舞われた近年、生産量が減っているためで、2020年には実用化に向けた「最終試験」として、2品種の栽培を始める。県は「新品種の開発で収穫量を確保し、大分ブランドの向上も図りたい」としている。

 新品種の開発は、県農林水産研究指導センターきのこグループ(同県豊後大野市)が担当している。同センターによると、県内の干しシイタケ生産量は12年の1783トンから17年は1044トンと、5年間で約4割減少した。

 同県のシイタケは原木栽培が中心。長さ1メートルほどに切った原木(ほだ木)に菌(駒)を植え付け、春と秋に収穫する。原木は屋外で育てるため周りの自然環境に左右されやすい。同センターは生産量が落ち込んだ原因を、農家不足に加え、暖冬や春の急激な気温上昇、秋の残暑とみており、春と秋に気温が高くてもシイタケが発生する品種を目指し、改良を重ねている。

 最終試験で使う菌は、暖冬だった19年2~3月などの時期に、市販の品種に比べ、シイタケの発生量が多く、うま味成分のアミノ酸量も豊富で、色づきの濃淡や肉質も良かった2品種。同センターが菌を交配するなどして育てた。

 県内の生産農家に委託し、150本のほだ木に計3千駒を栽培する。ふた夏を経過した21年秋から発生量や生育状況を確認し、農家への聞き取り調査も行う。種菌メーカーを交えた検討会で品質にお墨付きが出れば、品種登録の手続きに進む。同センターの米倉邦明研究員(40)は「改良を重ね、品質や収穫量を十分見込める品種だと思う。成長を見守りたい」と意気込んでいる。 (岩谷瞬)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ