「初めて本音を…」 性依存症の不安、相談できない家族たち

西日本新聞 社会面 森 亮輔

 「育て方を間違えたのか」と自らを責める母親がいれば、「いつか犯罪に手を染めるのでは」とおびえる男性もいる-。性依存症に悩む当事者やその家族は誰にも相談できずに抱え込む傾向にある。とりわけ日本では性がタブー視される。ただ、症状が悪化すれば犯罪に至るケースもあり、加害者にならないということは、被害者を生まないことにもつながる。識者は「遅れている医療や福祉の支援充実を社会全体で考えてほしい」と訴える。

 「息子さんはいますか」。数年前の朝、福岡県内の女性宅に警察官数人が訪れた。高校生の息子が性犯罪で逮捕された。「頭が真っ白になった」

 高校は退学し、家族の生活は一変した。外出できなくなり、相談相手もおらず孤立感が深まっていった。「被害者に申し訳ない。何が悪かったのか、甘やかしすぎたのか」。自問自答を繰り返した。

 少年審判を経て家に戻った息子を疑ってかかるようになった。外出中は落ち着かず、帰宅すると「何もしなかった?」と携帯電話をチェックした。半年後に別の性犯罪で逮捕された。すがる思いで自助グループ「SCA福岡」を訪ねた。

 「ご家族にもケアが必要です」と勧められ、12月の家族会に参加。同じ境遇の人たちに初めて本音を打ち明けた。いろいろな家族のさまざまな事情を知った。抱えていたものが、少し軽くなった。

 息子が勉強で強いストレスを感じていたことも分かった。不安は消えないが、落ち着きを取り戻した息子を支えたい。「家族会がなければ自分と息子を責め続けていたかもしれない」

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ