戦乱と大干ばつで砂漠化したアフガニスタンに緑を取り戻した…

西日本新聞 社会面 上野 洋光

 戦乱と大干ばつで砂漠化したアフガニスタンに緑を取り戻した「ペシャワール会」現地代表の中村哲医師が凶弾に倒れて間もなく1カ月。社会部で担当だった頃、帰国時に何度かお会いした。

 「人間の幸せとは3度のご飯が食べられて、家族が一緒に穏やかに暮らせること」。白衣を脱ぎ、自ら重機を操って用水路を建設。治安悪化で職を失った現地の人々を雇って共に建設現場で汗を流し、皆で収穫を喜び合った。

 安倍晋三首相が憲法解釈を変更し、集団的自衛権行使を容認する方針を示した2014年5月。現地に電話すると「自衛隊が来ると危ない。私は逃げる」と驚きの反応。「憲法9条は、戦後日本の財産として、自衛隊の行動を縛ってきた。武器では平和は得られない」とも語った。戦争に加担しない「日本の平和貢献」を説き、それを実践した人だった。墓碑銘にその名を見て、言葉の重みを改めてかみしめた。 (上野洋光)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ