【10位】8年目のリフレッシュ!R24結成〈HKT48 10大ニュース2019〉

西日本スポーツ 古川 泰裕

 出会い、別れ、笑い、涙…。2019年も、ステージ内外でさまざまなドラマを描いてきたHKT48。大黒柱・指原莉乃の卒業など、激動だった1年を、担当記者が独断で10大ニュースにまとめました。西日本新聞&西日本スポーツWEBで19年12月31日午後7時から20年1月1日午前0時にかけ、多くの未公開カットとともに、30分ごとに紹介していきます。それでは、カウントダウン、スターティン!(古川泰裕)

 【10位】 2期生を中心としたユニット「R24」が2019年1月に博多座で誕生した。別ユニット「F24」に呼応する形で、当時は2012年デビューの2期生のみ10人で結成を発表した。約7時間にも及ぶ話し合いで曲目を決め、2月からセルフプロデュースによる劇場公演「博多リフレッシュ」をスタート。その後、3人のメンバーが卒業し、存続が危ぶまれたがグループ内でオーディションを実施、24人体制になった。

 新体制は、1期生の下野由貴から5期生の上島楓まで、個性豊かな顔ぶれ。公演も一部曲目と構成を変えて12月に再開した。ところが、新セットリストでは、ちょっぴりセクシーな「ジッパー」がどこかに消えてしまい、一部ファンの間で落胆の声が上がったとか…。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ