【動画あり】新年の豊作願い「玉せせり」 福岡市・筥崎宮

西日本新聞 一面 今井 知可子

 男衆が勇壮に木製の玉を奪い合う伝統行事、玉取(たまとり)祭(玉せせり)が3日、福岡市東区の筥崎宮であった。

 約600年前に始まったとされる。陰陽を表す2個の玉を境内で清め、約250メートル離れた末社の玉取恵比須(えびす)神社に運んだ。このうち直径約28センチ、重さ約8キロの陽玉(ようのたま)を、締め込み姿の競り子と呼ばれる男たちが受け取った。

 約300人の競り子は「陸(おか)組」「浜組」に分かれ、「オイサ、オイサ」の掛け声とともに、陽玉を激しく奪い合った。境内に陽玉が到着すると、競り子たちは「祝いめでた」を歌い、参拝客から大きな拍手が起きた。 (今井知可子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ