「衣装と社会」見つめ直す展覧会 熊本市で服や映像300点超

西日本新聞 熊本版 古川 努

 熊本市現代美術館(同市中央区)で展覧会「ドレス・コード? 着る人たちのゲーム」が開かれている。服と映像作品、漫画などのアート作品計300点超を組み合わせ、ファッションに秘められた暗黙の「お約束」をさまざまな形で見せてくれる。2月23日まで。

 会場は「大人の言うことを聞いてはいけない?」など13の「?」でテーマ分け。華やかな衣装に目を奪われながらも、見る人それぞれがファッションに関する価値観を見つめ直すゲーム的な楽しみ方もできる。

 「組織のルールを守らなければならない?」のコーナーには、英国紳士風の伝統的スーツから花柄のロックテイストのスーツまでずらり。あなたの会社、学校、地域ではどこまで許されるの-と、問いかけられているようだ。

 「他人の眼を気にしなければならない?」のコーナーは、街角で撮影されたスナップ写真を「ストライプのズボン」「毛皮」「ブランド物」などで分類。個性的に見えるファッションも、実は類型化が可能という事実を突きつけられる。

 一般1100円、65歳以上900円、学生(高校生以上)600円、中学生以下無料。火曜休館。同館=096(278)7500。

 (古川努)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ