首相メシ、元気の源は「肉」 体調のバロメーター?会食を分析

西日本新聞 総合面 下村 ゆかり

 在任期間が歴代最長となった安倍晋三首相の会食を首相動静から探ると、定番の日本料理店だけでなく、ステーキや焼き肉といった肉料理の店によく行っていることが分かる。第1次政権は持病の難病「潰瘍性大腸炎」が悪化し1年で退陣した首相だが、再登板後は「生涯で今が一番健康」と述べたことも。好物の肉料理を食べられているかどうかは、首相の体調を推し量るバロメーターといえそうだ。

 本紙朝刊に毎日掲載している「首相動静」。安倍首相の日々の動きを記録する欄で、会食については担当記者が出入りを確認したり、首相秘書官らに問い合わせたりして具体的な店名まで載せている。

 店のジャンルは料亭など日本料理が定番だが、目を引くのは肉料理の多さだ。高級ステーキハウスや焼き肉店だけでなく、選挙応援で訪れる地方でも牛タン店やとんかつ店へ。山口県下関市長選などで首相の地元入りに同行した自民党議員は「首相の焼き肉好きは有名。相手が若手支援者だと必ず連れて行く」という。2015年の韓国訪問でも、大使館職員らを伴ってソウルの焼き肉店に足を運んでいる。

 首相の好物は焼き肉、ラーメン、アイスクリームだ。ただ、首相は潰瘍性大腸炎の持病を抱える。第1次政権では07年8月のインドなど3カ国訪問で症状を悪化させ、体力を消耗。翌月に退陣した。

 14年の衆院選直前にあった党首討論会で、首相は自身の病気に言及し、中学生の頃から悩まされていたと明かした。その上で「生涯で今が一番健康。画期的新薬で全く問題なくなった。私の一日を見ていただければ、ご理解いただけると思う」と健康不安説を否定している。

 一方、首相動静では会食相手も特定している。19年のトップは「ポスト安倍」候補である自民党の岸田文雄政調会長の9回で、側近や身内、同郷の衆院議員よりも多かった。経済界では経団連の御手洗冨士夫名誉会長が上位に入り、親交の深さをうかがわせる。

 第2次政権発足から8年目となり、周囲から「疲れの色が見える」との声も漏れる首相。どんな店で誰と会食するのか、日々の動静を通じて体調や胸中の変化が読み取れるかもしれない。 (下村ゆかり)

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ