近ごろ、露出狂や痴漢…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 西村 百合恵

 近ごろ、露出狂や痴漢、盗撮の事案に接することが多い。署の幹部も「性犯罪は再犯も多い」と声を落とす。被害者の心の傷は簡単に癒えるものではない。「こういう事件は感情移入しすぎず冷静にね」と署員に言われて深呼吸する▼小学生の頃、突如見知らぬ男に頭を触られ、男性に恐怖心を抱くようになった。それから、学校の人気者だった当時の担任教諭を避け、通っていたピアノ教室の先生が嫌で泣いてばかり。今は恐怖心こそ無いが、頭部はNG。美容室では女性のスタッフしかお願いできない。嫌だと思う生活が普通になり、もう20年が過ぎた▼痕もなく傷もないが、当時の記憶だけはいまだに消すことはできない。事件の大小にかかわらず、そこには被害者がいるのだと忘れてはいけない。(西村百合恵)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ