発掘された日本列島2019展

西日本新聞 もっと九州面

  18日(土)~2月26日(水)、福岡県大野城市曙町の大野城心のふるさと館。全国で注目されている30遺跡から約570点の出土品を展示。青森県・白神山地東麓縄文遺跡群(縄文時代)の土偶や、多彩な文様を施した長野県・エリ穴遺跡(同)の耳飾りなどが並ぶ。

 「福島の復旧・復興と埋蔵文化財」の特集もあり、ヤマト王権との関わりを示す黄金の刀飾りなどが出品されている。昨年、文化財保護法の前身である史蹟名勝天然紀念物保存法が制定100年を迎えたことに合わせ、特別天然記念物コウノトリの剥製なども展示されており、考古学ファン以外でも楽しめる。同展は全国5会場の巡回展で、九州では同館だけの開催。

 観覧料一般400円、高校生以下無料。同館=092(558)5000。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ