【動画あり】まりの明かり、川面を照らす  熊本・黒川温泉

 熊本県南小国町の黒川温泉で、冬の風物詩「湯あかり」があり、丸い竹灯籠約300個が川沿いの温泉街の夜を淡く彩っている。

 放置竹林の竹を活用し閑散期の集客につなげようと、黒川温泉観光旅館協同組合や地元有志が1カ月かけて竹灯籠を手作りした。明かりに照らされた川が写真映えすると話題になり、数年前から開催期間を春先まで延長した。8回目の今回は4月5日まで開かれ、日暮れから午後10時まで点灯している。

 福岡県宗像市の会社員早川実里さん(32)は「だいだい色の明かりが川面に映って幻想的ですね」と語った。(宮下雅太郎)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR