中村哲さんに大牟田市民栄誉賞 妻尚子さん「自宅では穏やかな人でした」

西日本新聞 社会面 吉田 賢治

 福岡県大牟田市は10日、アフガニスタンで昨年12月に銃撃され、73歳で亡くなった福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の中村哲医師に市民栄誉賞を授与した。妻尚子さん(66)を市役所に招き、表彰状を贈った。中村さんは大牟田市内に自宅があり、現地から帰国するたびに家族と過ごしていた。

 授与式で関好孝市長は「ご逝去の報があってから今まで知らなかった数々のご功績や人となりを知り、偉大さを実感しました。市民代表として誇り高く感じます」と述べた。

 尚子さんは報道各社の取材に「賞をいただき家族として感謝しています。(事件から1カ月余がたった今も)悲しいばっかりで、無念、残念なことだと思っています。自宅では穏やかな人でした。庭いじりをするか、机で仕事をしているかで、そういう光景が今でもよみがえってきます」と語った。 (吉田賢治)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ