HKT豊永「かぶらない赤」 叔母譲りの朱色の晴れ着に笑顔 

西日本スポーツ 古川 泰裕

 歌やダンスだけでなく文章や写真撮影など、多方面で非凡な才能を見せるHKT48の4期生・豊永阿紀。呉服屋で祖母が一目ぼれしたという叔母の振り袖を身にまとって笑顔を振りまいた。6年前、姉が同じように成人式で着ていた時から「これがいいと決めていた」といい、「6年たってやっと着ることができて感慨深い」と笑顔を見せた。

 この日は赤の晴れ着姿のメンバーが比較的多く見られたが、豊永の晴れ着は「琉球の意匠の紅型(びんがた)染めで、赤だけど朱色に近い」というもの。「かぶらない赤でうれしい」と、個性派らしいコメントで存在感を見せていた。(古川泰裕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ