「ライオンキング」が千秋楽 カーテンコールに観客総立ち

西日本新聞 社会面

 福岡市博多区のキャナルシティ劇場で上演中の劇団四季のミュージカル「ライオンキング」(西日本新聞社など主催)が13日、千秋楽を迎えた。終演後に特別カーテンコールがあり、俳優たちが劇中歌を披露し、感謝のあいさつ。総立ちの観客に手を振り、別れを惜しんだ。

 10年ぶり3度目の福岡公演は、約10カ月のロングラン。公演回数は275回、入場者数は約27万1千人だった。動員率は98%を超える見込みで、“ミュージカルの王者”の呼び声高い劇団四季の代表作は、周囲を圧倒する獅子奮迅ぶりを見せつけた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ