新成人9000人が誓い新た 福岡市・マリンメッセで「はたちのつどい」

西日本新聞 ふくおか都市圏版 大坪 拓也

 「成人の日」の13日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡は記念行事「はたちのつどい」があった。鮮やかな振り袖や真新しいスーツなどに身を包んだ新成人約9千人が出席し、大人への第一歩を踏み出した。

 式典で高島宗一郎市長は「成功の反対は失敗ではなく挑戦しないことだ。失敗してもいいから夢を持ち、目標に変えてチャレンジしてほしい」と激励。

 新成人を代表し、俳優を目指す遠藤紀彦さん(19)と、いずれも学生の柴田雪花さん(20)、竹内優佳さん(20)が「私たちには理想の社会の姿を描き、次世代の手本人になり、教え導く責任がある。令和という新しい時代を創る新成人として、人生を立派に歩み続けます」と誓いを述べた。

 女優の今田美桜さんや、琴奨菊関ら県出身やゆかりの著名人のメッセージ映像が流れ、福岡大太鼓部の演奏で盛り上げた。

 新成人でつくる実行委員会の委員長で、水族館の飼育員を目指す専門学生、梅木悠里花さん(20)は「仲間と協力し合い成長できた。成人の喜びを両親に伝えたい」と語った。

 福岡市によると、市の新成人は1万6559人(昨年11月末現在)。 (大坪拓也)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ