新鮮卵生かした母の味 福岡・飯塚の「たまごんシュー」

西日本新聞 夕刊

 福岡県飯塚市に、卵や多種多様なスイーツのネット通販で知られる元気な卵屋さんがある。ひよこを卵が産める成鶏になるまで育てて養鶏場に卸しつつ、自社でも卵を生産する「畠中育雛(いくすう)場」だ。

 国道200号に程近い自社直売所「たまごん工房」は、弾力ある黄身の味の濃さが特徴の産みたて卵「げんきタマゴん」(10個388円~)や、それをふんだんに使ったスイーツ、アイスを求める客で、いつも大にぎわい。

 「工房の女性スタッフと、子どもにも安心して与えられるものを真面目に作りました」と、子ども5人の母親でもある、獣医師で2代目社長の畠中五恵子さん(55)。

 軽い食感でほんのりオレンジ色の「釜出し半熟ちーずけーき」(5個810円)、卵と地元の牛乳、砂糖だけで作った「たまごんプリン」(199円)は滑らかな口溶け。

 昨年11月、満を持して発売したのが「たまごんシュー」(同)。生クリームを使ったシューが多い中、卵にこだわりカスタードクリームで勝負した。この商品だけは通販では取り扱わない。毎朝当日分だけを焼く生地はしっとり。舌触り滑らかなクリームは岩塩を使って甘さ控えめに仕上げられている。

 併設のカフェでは、自家製の有機米を使った卵かけご飯を390円(お代わり自由)で提供。家族で訪ねたい卵ワールドだ。

 ▼畠中育雛場 たまごん工房 福岡県飯塚市佐与1709の2。各種通販サイトでも購入可。直売所は午前9時~午後6時で年中無休。カフェは午前11時~午後5時で水曜定休。電話=09496(2)6844

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ